日本のアカデミア発ベンチャー企業第3号を当ファンド主導で設立しました

04/01/2019
Remiges Biopharma Fundは、日本のアカデミア発のベンチャー企業の創造も重要なミッションのひとつと考えております。

当ファンドと日本の大学との協議によって設立する創薬ベンチャー起業モデルの3号案件として、米国に新会社を設立し、慶應義塾大学医学部薬理学教室の研究者の発明に関し、当該新会社と慶應義塾大学との間でライセンス契約を締結しました。当ファンドは日米の前臨床・臨床開発経験者を中心とするバーチャル開発チームを組成しており、新会社が当該開発チーム及び大学研究者と策定した開発計画に基づき、知財強化を含めた共同研究を大学と実施すると共に、初期的な創薬開発を進めています。新会社は、当ファンドが設定した目標を達成し次第、人材のリクルートおよび更なる資金調達を行い、前臨床および臨床開発を進めていく予定です。